前へ
次へ

公的な医療保険制度というのがあります

公的な医療保険、健康保険というのは相互扶助の精神に基づき設計されている制度ということになります。
保険ということになりますので、病気などに備えるということになる訳ですが公的な保険の場合、特定の疾病のみということではないのでそういうところが素晴らしいと言えるでしょう。
実際に医療を受けたときには、普通どのような場合でもかなりのお金がかかってしまうということになります。
ですから、その負担を少しでもさせるようにという仕組みになっているわけです。
国民中から集めた保険料でいざ病気になった時に、医療費の支払いに充てる仕組みです。
原則的に1割から3割の支払いをするということによって、残りは自分が払うのではなく医療保険から支払われるというような形になるわけです。
そういうタイプの保険ということになりますから日本国民全てが公的な医療制度への加入というのが義務付けられているわけで、そのときに特定の指定された健康保険組合などに加入していれば国がダイレクトに行っているところでなくても良いというような制度にもなっています。

Page Top